頭痛がするほど酷かった肩こりが整体で改善するワケとは?

寒くなり、無意識に肩に力が入りやすいこの季節。

「肩こり」はもちろん、

ひどい方は「頭痛」がする方も多いと思います。

今日のこのブログはお困りの人に是非読んで頂きたい

【頭痛と肩こり】のお話

・頭痛の大半は「緊張型頭痛」と呼ばれるもの

一口に「頭痛」と言っても、いくつかの種類があります。

(偏頭痛、群発性頭痛etc,,,

その中でも、大半をしめるのがこの

【緊張性頭痛】なのです!!

その主な原因は

首や肩の筋肉の緊張が原因となります。

長時間、同じ姿勢でのデスクワーク(身体ストレス)

人間関係、イライラ、不安など(精神的ストレス)

などにより血流が悪くなり、栄養や酸素の供給が不十分になり首や肩の筋肉が緊張し、それが頭痛を引き起こすのです。

 

・あなたの頭痛、肩こりを解消するにはコレ!!

ズバリ、

「前頭骨・後頭骨こすり」です!!

やり方は簡単

この写真の赤にマークされた場所を

人差し指〜薬指の3本をくっつけた状態で        軽く擦ってください

(写真は頭蓋調整を学ぶ為、東京の大先生、

古藤先生の元へ頭を剃って勉強会へ臨んだ数年前の私です)

 

・なぜこの方法で頭痛肩こりが改善するのか?

やはりお悩みの方が多い分、ネットで調べると

「頭痛解消」「肩こり解消」についての

マッサージやストレッチ、ツボ押しはたくさん出てきます

鍼などで用いるツボからのアプローチは私も行いますが、あまりに硬く固まってしまっている方に直接のマッサージ、ストレッチはやり方を間違えると

寝違えしたかの如く動かす事ができなくなる       可能性もあるからです

そこで、先ほどの「前・後頭骨擦り」が役に立ちます

以前のブログでも紹介したように、私達の体は様々な

膜の連続でできています。

「こんな事で?」と思うかもしれませんが、毎日パソコンの画面に向かい、職場の上司にイライラしながら眉間にシワを寄せているとそこから派生した緊張は全体に広がります

 

また、後頭骨は骨盤と関わりが深いので

長時間の同じ姿勢で骨盤周りが固定されていると、    後頭骨周りも硬くなってきます

そして後頭骨は首・肩こりに関わる筋肉の多くの     出発点になっている為

前・後頭骨の状態を整えることは            頭痛肩こりの改善につながるのです

 

・この方法で治らない時の対策

皆さんが一度は耳にした事があるでしょう

【偏頭痛】

(脈打つような痛み、体を動かすとガンガンと頭に響くetc,,,

これは、様々な要因で頭蓋骨内の血管が拡張し炎症を   起こしている状態です

なので、血の巡りをよくするような事を行うと      痛みは悪化してしまいます。

このような場合は

・後頭部、こめかみを冷やす

・安静にする

それでも治らず、続く場合は医師に相談しましょう

このように、

頭蓋骨が大切とはいっても、全ての人同じ原因ということは

ほぼありません!!

足が原因で、結果的に首や肩に負担がきている人は

下肢周りの調節で首や肩の緊張はとれます

なので、いろいろ試したが一向に良くならないという人は

一度、ご相談ください。

・まとめ

長くなりましたが、このストレスが多い現代社会

緊張性頭痛の方が多いのも無理もない事です

今回のはあくまで原因が割と近い部位にあるケースの   お話です

人いよっては考えもしないようなところが原因のケースも

ありますので、一人で悩まず、お困りの際はご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です