筋膜のねじれ

少し前にTVなどで「筋膜」という言葉をよく耳にしませんでしたか?

正直、当たり前すぎて「え?今頃??」と我々の業界は思ったものです。

 

私達の体はたくさんので出来ています。

 

一番外側にある皮膚をはじめ、

細胞膜、腹膜、硬膜、角膜etc……

と、多くの膜でできている事がわかると思います。

 

その中の一つが筋膜」です。

膜は一度の大きな負荷よりも持続する繰り返しかかる軽度の負荷の方が、ねじれ・悪い癖がつきます。

小難しく書いてしまいましたが、要はデスクワークや家事です。

この写真を見てもわかるように私達の生活は手の甲が上にきて、内側に手を捻る動作が多いのです。

中ではこんなことになってます。

これを見ただけでも捻れているのが十分伝わるかと思います。

そして、この上に筋肉、神経血管、膜もくっついていますから一緒に捻れてくるのは想像できると思います。

そして、そのねじれが肩凝りや動かしづらさの原因の一つになっているのです。

肩をいくらマッサージしても、電気をあてても治らないのはこの為です。

なので当院はねじれがついてしまった(筋)膜を戻すアプローチをかけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です